車の買取で一番高い業者

車買取店、どこが一番高く買取してくれるかの正解は?

車の買取を依頼する前に、いちばん高く買ってくれるお店が分かっていれば、どこに買取してもらったらいいのか迷うこともなく良いのですが、実際のところ、周りに車を手放した人が居る場合、どこがいちばん高く買い取ってくれたか?と聞いてみれば、恐らく人それぞれ、違った回答が返ってくると思います。

 

「カーゼ〇ンがいちばん高く買ってくれるよ」
「ガ〇バーが他よりも10万も高く買ってくれたからオススメしたいね」

 

世の中に車の買取店が登場してから20年近くになりますが、今日までの間に、どのお店が突出して最も高く買い取ってくれるという話を聞いたことがないはずです。
なぜ、どこのお店も一番店というような噂が立たないのでしょうか?
答えはカンタンで、対象となる車の価値は、どの買取店でも同じでしかないからです。
要するに、その車の買取価格を計る物差しは、どの買取店も同じ物差しを使っているからなんですね。

 

では、そのなかでも最も高く買ってくれるお店を探す方法であり、要は愛車を1万でも2万でも高く売る方法を紹介していきますので、参考までに読んでみてもらえればと思います。

 

はじめに、車買取業者のシステムを裏側から見てみると、車を売りたい人から車を買い取る⇒オートオークションで車を販売する実はこれだけです。
この仕組みは、ほぼほぼ買取店に該当することで、オートオークションの競売にかけてないように見せるために、色々なセールストークを展開されますが、基本的にはオークションに出品していると考えて良いでしょう。

 

つまり、「今なら、その車を探している顧客がいるので、〇〇万で買取します」と言われたと仮定して、その〇〇万は、決して相場より3割増し、5割増しということはほぼありません。

 

「そのお客様が、他で車を購入してしまったら、この価格では買取できませんので、今日中に売買契約されることをオススメします!」と期限付きの高額査定のように説得してくるでしょう。

 

あるいは、オークションで販売していることを公言しつつ、「当社では、他店同様オークションにも出品してますが、直接販売もしているので、流通マージンをカットできるんです。その分、他店よりも査定価格+αできるんですね。」と、その提示額があたかも他店よりも高いということを暗にアピールしてきます。

 

でもっ、でもですね!

 

「既に車種氏名の顧客がいるので高く買い取れる」というセールストークと、「直接販売なので、中間マージンがない分、高く買い取れる」というセールストークの場合、この2つのうちどちらがより高く買ってくれるか分かりますか?

その理由で、本当に高く買取できていると思いますか?

正解はコチラ!
実は、上記の2パターンとも、どちらもその名の通り、いわゆるセールストークであり、高価買取査定額を提示する理由にはなりません…

 

なる場合もあるかも知れませんが、それはよっぽど珍しい車であればの話。
いわゆる、ワゴンRやフィット、ヴィッツのような定番車であればあるほど、探している顧客がいるから高く買取できることはないし、中間マージンがない分、高く買取できることもありません。

 

言い換えると、探している顧客がいるから高く買取する必要もないし、中間マージンがない分、高く買取する必要もない。

 

だって、あなたの車をオートオークションよりも高い価格で買う必要はどこにもないからです。

 

オートオークションとは、車買取業者しか参加できないオークションですが、何も車を売るだけの場所ではなくて、車を買うこともできるんです。

 

つまり、もしも、本当に顧客が探している車があるならば、その車を買取店では、いつでも好きなようにオークションから買ってくることができます。
その車種を欲しいと言っている顧客がいるなら、何もあなたから売ってもらうために高い買取額を提示して買い取るよりも、今日明日にでもオークション会場から落札してきて、その顧客に販売した方が、利益になるからです。

 

繰り返しますが、あなたの車をオートオークションよりも高い価格で、わざわざ買い取るメリットが何もないからです。
買い取って車を直接販売できるので、高く買い取りできると言うことをアピールしても、確かに、あなたからその車を安く購入して店頭に並べておくことで、来場者に購入して頂ける可能性は十分にありますが、その車がいわゆる人気車種でもない限り、店頭に並べておいても、減価償却して日に日に価値が下がってしまうわけですから、中古車業者はそんなことは基本的にしません。
さっさとオートオークションに出して換金することでしょう。
そのようなシステムのなかで、直接販売できるから高く買取できる、という言葉は実に現実的ではありません。

 

では、売る側が、いかにして高い買取金額を業者から引き出すために、本当にすべき方法とはどのようなことなのでしょうか。
買取店は、色々とセールストークを展開してきますが、結局は買取した車をオークションで販売します。

 

要するに、買取店がその車をオークションにかけて売れる価格というのは、相場がだいたい分かっているので、どこでも同じな訳です。
この同じ物差しを使って、どの買取業者も買取価格を決めているので、だからどのお店であっても、本当に厳密な査定額(買取出来る金額)は、ほぼほぼ同じになってしまうんです。

 

それを、独自の査定基準で、査定価格を算出します、というセールストークを使うことで、いかにもここは他よりも高く買ってくれるんだな、という印象を与えられるわけですから、それはとても有効は手段でもあります。

 

実際に、私が中古車買取店で勤務していたときに、そうしたやりとりを何度も繰り返してきたので、それは常套手段なだけで、独自の査定基準なんて、他はもしかしたらあるのかも知れませんが、少なくとも私が勤務していた買取店にはありませんでした。

その買取価格、どうやって決めていたのかをお話ししましょう。

仮に、あなたがホンダのフィットに乗って来店したとしましょう。
このクルマの査定時間は、どれくらい必要だと思いますか?

 

10分?
5分?

 

もちろん、グレードや走行距離などを調べる時間も必要なので、断言は出来ませんが、それでも答えを言えば、正直0分ですね。
フィットのように頻繁に査定する機会がある車の相場は、もう頭にすっかり入っているので、いくらで買取できれば、どれくらいで販売できるというのは既に計算されています。

 

なのに、実際査定額が出るまでに10分どころか、20分とか待たされることもあるでしょう。

 

だったら、なんでそんなに査定の時間がかかるの?って話ですよね。
当然、事故車ではないか、という点は厳密に見なくてはならないけれど、それは外装のプロが見れば、修復歴などすぐに分かります。
なので、フィットの相場をしっかり調べてきますね、なんて人はよほど今日初出勤した新人さんくらいしかいません。
だって、今日の午前も昨日もフィットの査定をしたばかりですので…

査定に時間をかける理由は、たったひとつ…

査定に時間をかける理由は、実はただひとつで、あなたが他のお店でいくらと査定されているのかを知りたい、ただそれだけです。
お店のバックヤードに入り込んで、査定価格を検討、上司と交渉してくるなんてのは、ただのポーズです。

 

なんでかと言えば、査定額は頭に入っているから、わざわざ調べる必要の、上司に交渉する必要もない。
ただ、出来るだけ安く、でも他店よりも少しだけ高くして、自社で買取したいだけだからです。
お客様のために、高く買取します、というのは普通に考えてありません…

 

独自の査定システムたるものは、他店には実際にあるのかも知れませんが、(というかないと確信していますが…)私の査定システムは、出来るだけ安く、でも他店よりも少しだけ高く、その結果、当社で買取したい、ただそれだけです。

 

仮に50万で買い取っても利益のある車を、はじめから50万で買取しますとは言いません。
せいぜい、30万。人を見て「25万が限界ですね。」という営業トークから始める場合もあります。

 

でも気になるのは、他店に査定してもらっているのか、だとしたら他店の査定額はいくらか、そこがポイントです。
他店も同じ物差しで査定するので、50万で買取しても利益があると言っても、50万で買いますとは言いません。
なので、他店が、30万の査定額を出しているとすれば、うちは、「今なら3万プラスの33万で買取しますので、即決してもらえませんか?」と提案するでしょう。

 

1店舗目で30万と査定され、2店舗目でも「今だけプラス3万の33万で」と持ちかけられれば、その車の買取相場は、「やっぱり30万くらいなんだな」とほとんどの人が思い込みます。

 

そこで、うちで33万で買取できるわけですね。

 

こうして、100人中、99人、いや98人くらいは、実際には買取限度額までほど遠い金額で車を売却してしまっています。
でも、「今だけ3万プラスの33万」がいわゆるセールストークであることは、実は、隣りの買取店へ行ってみればすぐに分かります。
私のお店よりもきっと高い買取査定額を貰えるからです。

 

クルマ買取店というのは、他店の出方を伺いながら、お客さんからできるだけ安く車を買い取りたいと考えています。
1万でも2万でも高く買い取りますは、普通に考えてキャッチコピーでしかありません。

 

「ここの買取店が高いと聞いたので、お尋ねしました」なんてお客様なら、買取店からすれば最高の上客になります。

 

1万でも2万でも高く買い取ります、という言葉はさておき、1万でも2万でも高く売りたいなら、絶対に他店と比較しないと高くなんて売れないんですよ。

 

どの買取店が高く買ってくれるというのに正解はないんです。
買取店同士は、競争が常の仕事なので、時には当社がタイミングよく買取できたり、時には他社が買取できたりと、タイミングによって変わってくる部分はあるものの、正解があるとしたら、売り手が複数の買取店を歩いて査定額を比較しないで車を手放すとなると、ほぼその買取価格は、その業者の言いなりにしかならないということです。
「今回に限って3万円オマケで上乗せしておきますね」と持ち上げられて、買取上限額には程遠い金額で買取されているパターンがどれだけ多いことか…

 

だから、一言で言えば、車をいちばん高く買ってくれる買取店なんてものは、結局はあなた次第ですよ、ということです。